パスワードの必要なネットワークリソースのアクセス例(C言語)

説明:

ネットワークディレクトリ“\\foo\bar”にアクセス可能なユーザの名前を“herohero”、パスワードを“hogehoge”とする。まず始めに非接続の状態で、“dir”コマンドの実行を試みる(失敗する)。次に、WNetAddConnection2で、ローカルドライブへの割当てを行わない、ネットワーク接続を確立する。再度の“dir”コマンドの実行が成功することを確認する。最後に、確立した接続をWNetCancelConnection2により切断する。

キーワード:

WNetAddConnection2, WNetCancelConnection2

サンプルコード:

void  EnterPassword()
{
	NETRESOURCE nr;

	printf("使用前:\n");
	system("dir \\\\foo\\bar");

	nr.dwType = RESOURCETYPE_DISK;
	nr.lpLocalName = NULL;
	nr.lpRemoteName = "\\\\foo\\bar";
	nr.lpProvider = NULL;

	WNetAddConnection2(&nr, "hogehoge", "herohero", 0);

	printf("使用後\n");
	system("dir \\\\foo\\bar");

	WNetCancelConnection2("\\\\foo\\bar",  0, FALSE);
}

(original text:1999/03/11 更新)

本ドキュメントの内容は保証しません。本ドキュメントによって生じた結果について、一切の責任を負いません。