待機可能タイマの例

説明:

スレッド作成から3秒後以降に、0.5秒ごとにスレッドの処理を行う。

サンプルコード:

#define TIMERNAME "Test Timer Object"

/* スレッド用関数 */
DWORD WINAPI DoThread(DWORD ThreadCount)
{
	HANDLE hTimer;
	int i;

	/* タイマオブジェクトのオープン */
	hTimer = OpenWaitableTimer(TIMER_ALL_ACCESS, FALSE, TIMERNAME);

	for(i=0; i<5; i++) {
		/* 待機 */
		WaitForSingleObject(hTimer, INFINITE);

		/* 処理 */
		printf("スレッド%d: 処理開始\n", ThreadCount);
		Sleep(100);
		printf("スレッド%d: 処理終了\n", ThreadCount);
	}

	/* 終了 */
	CloseHandle(hTimer);
	return(0);
}

int main(int argc, char **argv)
{
	HANDLE hThread[2];
	DWORD ThreadID[2];
	HANDLE hTimer;
	int i;
	LARGE_INTEGER li;

	/* タイマオブジェクトの初期化 */
	hTimer = CreateWaitableTimer(NULL, FALSE, TIMERNAME);

	/* スレッドを2つ作成 */
	for(i=0; i<2; i++) {
		hThread[i] = CreateThread(
			NULL, 0, (LPTHREAD_START_ROUTINE)DoThread,
			(LPVOID)i, 0, &ThreadID[i]);
	}

	li.QuadPart = -30000000;

	printf("開始\n");
	SetWaitableTimer(hTimer, &li, 500, NULL, &li, FALSE);

	/* スレッドの終了まで待機 */
	WaitForMultipleObjects(2, hThread, TRUE, INFINITE);


	/* 後処理 */
	CloseHandle(hTimer);

	CloseHandle(hThread[0]);
	CloseHandle(hThread[1]);

	return(0);
}

(original text:1998/12/25 更新)

本ドキュメントの内容は保証しません。本ドキュメントによって生じた結果について、一切の責任を負いません。