手動リセットイベントオブジェクトを使用したスレッドの同時実行

説明:

イベントオブジェクトがシグナルになるまで待機するスレッドを複数作成後、イベントオブジェクトをシグナル状態にすることによって、複数のスレッドを同時に実行する。

コード:

#include <windows.h>
#include <stdio.h>

#define EVENT_NAME "Event Object Test"

/* スレッド用関数 */
DWORD WINAPI DoThread(DWORD ThreadCount)
{
	HANDLE hEvent;

	hEvent = OpenEvent(EVENT_ALL_ACCESS, FALSE, EVENT_NAME);

	/* 所有権獲得まで待機 */
	WaitForSingleObject(hEvent, INFINITE);

	/* 処理 */
	printf("スレッド%d: 処理開始\n", ThreadCount);
	Sleep(3000);
	printf("スレッド%d: 処理終了\n", ThreadCount);
	
	CloseHandle(hEvent);
	return(0);
}

/* メイン関数 */
int main(int argc, char **argv)
{
	HANDLE hThread[2];
	HANDLE hEvent;
	int i;

	hEvent = CreateEvent(NULL, TRUE, FALSE, EVENT_NAME);

	/* スレッドを2つ作成 */
	for(i=0; i<2; i++) {
		hThread[i] = CreateThread(
			NULL, 0, (LPTHREAD_START_ROUTINE)DoThread,
			(LPVOID)i, 0, NULL);
	}

	Sleep(1000);

	/* スレッドの同時実行 */
	printf("スレッド実行\n");
	SetEvent(hEvent);

	/* スレッドの終了まで待機 */
	WaitForMultipleObjects(2, hThread, TRUE, INFINITE);

	/* 後処理 */
	CloseHandle(hEvent);
	CloseHandle(hThread[0]);
	CloseHandle(hThread[1]);

	return(0);
}
(original text:1998/06/19 更新)

本ドキュメントの内容は保証しません。本ドキュメントによって生じた結果について、一切の責任を負いません。