ユーザ指定キーの情報を取得(C言語)

説明:

SHRegQueryInfoUSKeyを使用して、HKEY_LOCAL_MACHINEの"Software\masapico"というキーの情報を取得し、結果を表示する。

キーワード:

SHRegOpenUSKey, SHRegQUeryInfoUSKey, SHRegCloseUSKey

サンプルコード:

void QueryInfoUSKey(void)
{
	HUSKEY hUSKey;
	DWORD SubKeyNum;
	DWORD MaxSubKeyNameSize;
	DWORD ValueNum;
	DWORD MaxValueNameSize;

	/* “Sotware\masapico”キーをユーザ指定キーとしてオープンする */
	SHRegOpenUSKey(
		"Software\\masapico",
		KEY_ALL_ACCESS,
		NULL,
		&hUSKey,
		FALSE);

	/* オープンしたキーの情報を取得 */
	SHRegQueryInfoUSKey(
		hUSKey,
		&SubKeyNum,
		&MaxSubKeyNameSize,
		&ValueNum,
		&MaxValueNameSize,
		SHREGENUM_HKLM);

	/* 結果の表示 */
	printf("Software\\masapicoの情報...\n");
	printf("サブキーの数: %d\n", SubKeyNum);
	printf("サブキー名の最大サイズ: %d\n", MaxSubKeyNameSize);
	printf("レジストリ値の数: %d\n", ValueNum);
	printf("レジストリ値の名前の最大サイズ: %d\n", MaxValueNameSize);

	/* 終了 */
	SHRegCloseUSKey(hUSKey);
}
(original text:1999/09/04 更新)

本ドキュメントの内容は保証しません。本ドキュメントによって生じた結果について、一切の責任を負いません。