CompactPathの例(VB)

説明:

フォーム上には、"c:\windows\system32\shellext\inetfind.dll"というパスを表示する。フォームのサイズが変更された際に、上記パスが表示しきれないときは、"c:\win...\inetfind.dll"などとして縮めて表示する。(修正中)

キーワード:

PathCompactPath

サンプルコード:

Declare Function PathCompactPath Lib "shlwapi" Alias "PathCompactPathA" _
	(ByVal hDC As Long, ByRef b As Byte, ByVal dx As Long) As Long

Private Sub Form_Resize()

    Dim S As String
    Dim b() As Byte
    Dim I As Long
    
    b = StrConv("c:\windows\system32\shellext\inetfind.dll", vbFromUnicode)
    
    PathCompactPath Me.hDC, b(0), Width / Screen.TwipsPerPixelX - 30
    Me.Cls
    S = StrConv(b, vbUnicode)
    I = InStr(S, vbNullChar)
    If I <> 0 Then S = Left(S, I - 1)
    Me.Print S

End Sub



(original text:1999/06/10 更新)

本ドキュメントの内容は保証しません。本ドキュメントによって生じた結果について、一切の責任を負いません。