PdhParseCounterPathの例(C言語)

説明:

メモ帳のCPU使用率を表すカウンタのパスを元に、パスを分解し、その構成要素を表示する。

キーワード:

PdhParseCounterPath

サンプルコード:

void DispCounterElements()
{
	PPDH_COUNTER_PATH_ELEMENTS pInfo;
	DWORD Size = 10000;

	pInfo = GlobalAlloc(GMEM_FIXED, 10000);
	PdhParseCounterPath("\\Process(notepad#0)\\% Processor Time", pInfo, &Size, 0);

	printf("'\\Process(notepad#0)\\% Processor Time'のパスの構成要素:\n");
	printf("\tマシン名: %s\n", pInfo->szMachineName);
	printf("\tオブジェクト名: %s\n", pInfo->szObjectName);
	printf("\tインスタンス名: %s\n", pInfo->szInstanceName);
	printf("\t親インスタンス名: %s\n", pInfo->szParentInstance);
	printf("\tインデックス: %d\n", pInfo->dwInstanceIndex);
	printf("\tカウンタ名: %s\n", pInfo->szCounterName);

	GlobalFree(pInfo);
}


(original text:1999/01/12 更新)

本ドキュメントの内容は保証しません。本ドキュメントによって生じた結果について、一切の責任を負いません。