LineDDAの例(VB5)

説明:

LineDDAを利用して、点線をピクチャボックスに描画する。

キーワード:

SetPixel, LineDDA

サンプルコード:

' LineDDA のコールバック関数。引数FuncParamは、描画先のデバイスコンテキストを受け取る。
Public Sub LineDDAFunc(ByVal X As Long, ByVal Y As Long, ByVal FuncParam As Long)
    Static Cnt As Long
    
    Cnt = Cnt + 1
    If (Cnt Mod 6) < 3 Then
        SetPixel FuncParam, X, Y, &H0
    End If
End Sub

' 点線の描画
Private Sub Command1_Click()
    LineDDA 0, 0, 200, 100, AddressOf LineDDAFunc, Picture1.hDC
End Sub





(original text:1999/02/23 更新)

本ドキュメントの内容は保証しません。本ドキュメントによって生じた結果について、一切の責任を負いません。