FTPでリモートのカレントディレクトリを変更

説明:

FtpSetCurrentDirectoryでカレントディレクトリを変更する。

キーワード:

InternetOpen, InternetConnect, FtpSetCurrentDirectory, InternetCloseHandle

サンプルコード:

void SetRemoteDir()
{
	HINTERNET hInternet;
	HINTERNET hFtpSession;
	char CurDir[1000];
	DWORD CurDirSize;

	/* WININETの初期化 */
	hInternet = InternetOpen(
		"WININET Sample Program",
		INTERNET_OPEN_TYPE_DIRECT,
		NULL,
		NULL,
		0);

	/* FTPセッションの確立 */
	hFtpSession = InternetConnect(
		hInternet,
		"ftp.cool.ne.jp",
		INTERNET_DEFAULT_FTP_PORT,
		"foo",
		"bar",
		INTERNET_SERVICE_FTP,
		0,
		0);

	/* カレントディレクトリの表示 */
	CurDirSize = 1000;
	FtpGetCurrentDirectory(hFtpSession, CurDir, &CurDirSize);

	/* カレントディレクトリを、サブディレクトリの“test”というディレクトリに変更 */
	FtpSetCurrentDirectory(hFtpSession, "test");

	/* 変更後のカレントディレクトリの表示 */
	CurDirSize = 1000;
	FtpGetCurrentDirectory(hFtpSession, CurDir, &CurDirSize);

	/* 後処理 */
	InternetCloseHandle(hFtpSession);
	InternetCloseHandle(hInternet);
}

(original text:1999/05/25 更新)

本ドキュメントの内容は保証しません。本ドキュメントによって生じた結果について、一切の責任を負いません。