WNetCloseEnum ネットワークリソースの列挙の終了

Cの宣言:

WNetCloseEnum(hEnum);

説明:

WNetOpenEnumで開始されたネットワークリソースの列挙を終了する。

引数の意味は以下の通り。
hEnum 列挙ハンドル。

Cのサンプル:

“FOOBAR”というドメインに属している全てのマシンの名前を表示する。
void DispMachines()
{
	NETRESOURCE parent;
	LPNETRESOURCE pnr;
	HANDLE hEnum;
	DWORD BufSize;
	DWORD ResNum;

	ZeroMemory(&parent, sizeof(parent));
	pnr = GlobalAlloc(GMEM_FIXED, 1000);

	parent.dwScope = RESOURCE_GLOBALNET;
	parent.dwType = RESOURCETYPE_ANY;
	parent.dwDisplayType = RESOURCEDISPLAYTYPE_DOMAIN;
	parent.dwUsage = RESOURCEUSAGE_CONTAINER;
	parent.lpRemoteName = "FOOBAR";
	parent.lpProvider = "Microsoft Windows Network";

	WNetOpenEnum(RESOURCE_GLOBALNET, RESOURCETYPE_ANY, 0, &parent, &hEnum);

	while(BufSize = 1000, ResNum = 1, WNetEnumResource(hEnum, &ResNum, pnr, &BufSize) == NO_ERROR) {
		printf("%s\n", pnr->lpRemoteName);
	}

	WNetCloseEnum(hEnum);

	GlobalFree(pnr);
}

(original text:1999/03/04 更新)

本ドキュメントの内容は保証しません。本ドキュメントによって生じた結果について、一切の責任を負いません。