StrRChr 文字列から文字を検索し、最後に見つかった文字の位置を返却

Cの宣言:

LPTSTR StrRChr(
	LPCTSTR pStart,
	LPCTSTR pEnd,
	WORD c);

説明:

文字列pStartから文字cを検索し、最後に見つかった位置を返す。

検索終了位置はpEndで指定する。ただし、pEndの位置の文字は検索には含まれない。

引数の意味は以下の通り。
pStart 検索開始位置。
pEnd 検索終了位置。
c 検索する文字。

関数の実行に成功した場合、発見した文字の位置が返される。失敗した場合、NULLが返される。

Cのサンプル:

StrRChrを使用して、文字列"abcabc"のから文字'a'を検索し、最後に見つかった文字が何文字目かを返す。
void TestStrRChr(void)
{
	char *s = "abcabc";
	char *cp;

	cp = StrRChr(s, &s[lstrlen(s)], 'a');

	printf("'%s'から文字'a'を検索した結果、最後に見つかった位置は%d.\n", s, cp - s  + 1);
}

(original text:1999/06/09 更新)

本ドキュメントの内容は保証しません。本ドキュメントによって生じた結果について、一切の責任を負いません。