StrNCat 文字列の結合

Cの宣言:

LPTSTR StrNCat(
	LPTSTR s1,
	LPTSTR s2,
	int n);

説明:

文字列s1の終端に文字列s2の先頭からn-1文字を追加する。

nは、NULL文字も含む文字数である。

関数の実行後は結合後の文字列の終端にNULL文字がある状態となる。

引数の意味は以下の通り。
s1 結合先文字列。
s2 結合する文字列。
n s2の先頭から何文字を追加するかを表す文字数。

戻り値はs1である。

Cのサンプル:

StrNCatを使用して、文字列"abc"に、文字列"defxyz"の先頭から3文字分を追加する。
void TestStrNCat(void)
{
	char s1[100] = "abc";
	char *s2 = "defxyz";
	char *p;

	p=StrNCat(s1, s2, 3+1);
	printf("%s\n", s1);
}

(original text:1999/06/09 更新)

本ドキュメントの内容は保証しません。本ドキュメントによって生じた結果について、一切の責任を負いません。