StrCSpn 文字列から指定した文字のいずれかを検索

Cの宣言:

int StrCSpn(
	LPCTSTR Str,
	LPCTSTR Set);

説明:

文字列Strの中から、文字列Setに含まれる任意の文字を検索し、最初に見つかった文字の位置を返す。

検索には、NULL文字も含まれる。

引数の意味は以下の通り。
Str 検索先の文字列。
Set 検索のキーとなる文字の集合。

戻り値は、見つかった文字の位置である。関数の実行に成功した場合、文字列Strの長さが返される。

Cのサンプル:

StrCSpnを使用して、文字列"abcdef"の中から文字'c'、'x'、'y'、'z'のいずれかの文字を検索し、見つかったら何文字目にあるかを表示する。
void TestStrCSpn()
{
	char *s1 = "abcdef";
	char *s2 = "cxyz";
	int i;

	i = StrCSpn(s1, s2);

	if(s1[i] == '\0') printf("'%s'の中に'%s'の文字のいずれも含まれない.\n", s1, s2);
	else printf("'%s'の中のいずれかの文字が文字列'%s'の%d文字目にある.\n", s2, s1, i+1);
}

(original text:1999/06/09 更新)

本ドキュメントの内容は保証しません。本ドキュメントによって生じた結果について、一切の責任を負いません。