SearchTreeForFile ディレクトリツリーの検索

Cの宣言:

BOOL SearchTreeForFile(
	IN LPSTR RootPath,
	IN LPSTR Path,
	OUT LPSTR RetPath);

説明:

RootPathで指定したディレクトリからPathで指定したパスを検索する。検索はサブディレクトリについても再帰的に検索される。ただし、検索の最大の深さは32までである。

この関数はNT4.0以降または95で使用可能。

引数の意味は以下の通り。
RootPath (IN) 検索するディレクトリツリー。
Path (IN) 検索のキーとするパス。
RetPath (OUT) 検索結果。

戻り値は関数の実行に成功したか否かを表す真偽値である。

メモ:

NT4.0SP3+ImageHlp4.0.5+FATでは、短いファイル名での検索に失敗した。また、検索中に長すぎるパス名を通った場合、エラーとなった。

Cのサンプル:

"c:\\aaa\\"以下のディレクトリツリーから、"xyz.txt"というファイルを検索し、結果を表示する。
void SearchFile()
{
	char ReturnPath[MAX_PATH];

	SearchTreeForFile("c:\\aaa\\", "xyz.txt", ReturnPath);
	printf("検索結果のパス: %s\n", ReturnPath);
}
(original text:1999/01/11 更新)

本ドキュメントの内容は保証しません。本ドキュメントによって生じた結果について、一切の責任を負いません。