SHRegCloseUSKey ユーザ指定キーのクローズ

Cの宣言:

LONG SHRegCloseUSKey(HUSKEY hUSKey);

説明:

ユーザ指定キーをクローズする。

引数の意味は以下の通り。
hUSKey クローズするユーザ指定キーのハンドル。

戻り値は関数の実行結果を表すエラーコードである。

Cのサンプル:

SHRegCreateUSKeyを使用して、HKEY_LOCAL_MACHINEとHKEY_CURRENT_USERのそれぞれに、“Software\masapico”というキーを作成する。また、そのサブキーとしてHKEY_CURRENT_USERのみに“test”というキーを作成する。
void CreateUSKey(void)
{
	HUSKEY hUSKey;
	HUSKEY hSubUSKey;

	/* HKEY_LOCAL_MACHINEとHKEY_CURRENT_USERに“Software\\masapico”というキーを作成する。*/
	SHRegCreateUSKey(
		"Software\\masapico",
		KEY_ALL_ACCESS,
		NULL,
		&hUSKey,
		SHREGSET_DEFAULT);

	/* HKEY_CURRENT_USERに“Software\\masapico\\test”というキーを作成する。*/
	SHRegCreateUSKey(
		"test",
		KEY_ALL_ACCESS,
		hUSKey,
		&hSubUSKey,
		SHREGSET_HKCU);

	SHRegCloseUSKey(hSubUSKey);
	SHRegCloseUSKey(hUSKey);
}

(original text:1999/09/04 更新)

本ドキュメントの内容は保証しません。本ドキュメントによって生じた結果について、一切の責任を負いません。