PdhBrowseCounters パフォーマンスカウンタのダイアログボックス表示

Cの宣言:

PDH_STATUS PdhBrowseCounters(IN PPDH_BROWSE_DLG_CONFIG DlgData);

説明:

パフォーマンスカウンタをユーザが選択することのできるダイアログボックスを表示する。

引数の意味は以下の通り。
DlgData (IN) ダイアログの状態を示す情報。

Cのサンプル:

パフォーマンスカウンタの選択ダイアログボックスを表示する。(うまく動かず。調査中)
void SelectPerfCounter()
{
	PDH_BROWSE_DLG_CONFIG DlgData;
	PDH_STATUS lResult;
	char CounterPath[1000];

	/* カウンタ選択ダイアログボックス情報の設定 */
	DlgData.bIncludeInstanceIndex = TRUE; /* 返却されるカウンタのパスにインスタンスのインデックスを含める */
	DlgData.bSingleCounterPerAdd = FALSE; /* 単一選択 */
	DlgData.bSingleCounterPerDialog = TRUE; /* 追加ボタンでダイアログ終了 */
	DlgData.bLocalCountersOnly = FALSE; /* マシン名を含める */
	DlgData.bWildCardInstances = FALSE; /* 非ワイルドカード形式 */
	DlgData.bHideDetailBox = FALSE; /* 詳細コンボボックス表示 */
	DlgData.bInitializePath = FALSE; /* 始めに選択されているカウンタはデフォルトのもの */
	DlgData.hWndOwner = NULL; /* オーナーウィンドウはなし */
	DlgData.szReserved = NULL;
	DlgData.szReturnPathBuffer = CounterPath; /* 取得結果のカウンタ名を受け取るバッファ */ 
	DlgData.cchReturnPathLength = 1000; /* バッファサイズ */
	DlgData.pCallBack = NULL; /* コールバック関数は無し */
	DlgData.dwDefaultDetailLevel = PERF_DETAIL_WIZARD; /* デフォルトの詳細度 */
	DlgData.szDialogBoxCaption = "カウンタの選択"; /* ダイアログボックスのタイトル */

	/* カウンタ選択ダイアログボックスの表示 */
	lResult = PdhBrowseCounters(&DlgData);

	/* 選択されたカウンタのパスを表示 */
	if(lResult == PDH_DIALOG_CANCELLED) printf("キャンセルボタンが押下された\n");
	else printf("選択したカウンタ: %s\n", CounterPath);
}
(original text:1999/01/12 更新)

本ドキュメントの内容は保証しません。本ドキュメントによって生じた結果について、一切の責任を負いません。