PathAddExtension パス名に拡張子を追加

Cの宣言:

BOOL PathAddExtension(
	LPTSTR Path,
	LPCTSTR Ext);

説明:

文字列Pathの末尾が拡張子を表す文字列でなければ、Extで指定された拡張子を追加する。

引数の意味は以下の通り。
Path 拡張子を追加する文字列。
Ext 追加する拡張子。

戻り値は、関数の実行に成功したか否かを表す真偽値である。

Cのサンプル:

PathAddExtensionを使用して、パス名に拡張子が無ければ追加する。
void TestPathAddExtension(void)
{
	char s1[100] = "c:\\windows\\notepad";
	char s2[100] = "c:\\windows\\readme.txt";
	char *ext = ".exe";

	printf("'%s'に拡張子が無ければ.exeを追加...", s1);
	PathAddExtension(s1, ext);
	printf("結果は'%s'.\n", s1);

	printf("'%s'に拡張子が無ければ.exeを追加...", s2);
	PathAddExtension(s2, ext);
	printf("結果は'%s'.\n", s2);
}

(original text:1999/06/09 更新)

本ドキュメントの内容は保証しません。本ドキュメントによって生じた結果について、一切の責任を負いません。