GetTempPath テンポラリディレクトリの取得

Cの宣言:

DWORD GetTempPath(DWORD TempPathSize, LPTSTR TempPath)

VBの宣言:

Declare Function GetTempPath Lib "kernel32" Alias "GetTempPathA" ( _
	ByVal TempPathSize As Long, _
	ByVal TempPath As String) As Long

説明:

システムが使用している一時ファイル格納用のディレクトリ名を取得する。

アプリケーションは一時ファイルを、GetTempPath関数で取得したディレクトリに作成するのが望ましい。

引数の意味は、以下の通りである。
TempPathSize ディレクトリ名を取得するバッファのサイズ
TempPath ディレクトリ名を取得するバッファ

戻り値は、関数の実行に成功した場合、ディレクトリ名の文字数を返す。バッファが小さすぎる場合、必要なバッファのサイズが返される。関数の実行に失敗した場合、0が返される。

Cのサンプル:

void DispTempPath()
{
	char buf[MAX_PATH];
	
	GetTempPath(MAX_PATH, buf);
	printf("%s\n", buf);
}

VBのサンプル:

'テンポラリディレクトリの表示
Private Sub DispTempPath()
	Dim TempPath As String * 1000

	'テンポラリディレクトリの取得
	GetTempPath 1000, TempPath

	'テンポラリディレクトリの表示
	MsgBox Left(TempPath, InStr(TempPath, vbNullChar) - 1)
End Sub

(original text:1998/12/25 更新)

本ドキュメントの内容は保証しません。本ドキュメントによって生じた結果について、一切の責任を負いません。