GetLastError エラーコードの取得

Cの宣言:


DWORD GetLastError(VOID)

説明:

エラーコードを取得する。

Win32 API 関数の実行に失敗した場合、エラーコードがSetLastError関数によって設定される。関数の実行に成功した場合、ほとんどの場合SetLastError関数は実行されない。

エラーコードは、スレッドごとに保持される情報である。

VBでAPI関数の実行に失敗した場合、エラーコードの取得にGetLastError関数を使用してはいけない。この場合、ErrオブジェクトのDllLastErrorプロパティによって取得しなければならない。

エラーコードに対応するエラーメッセージを取得するには、FormatMessage関数を使用する。

(original text:1998/12/25 更新)

本ドキュメントの内容は保証しません。本ドキュメントによって生じた結果について、一切の責任を負いません。