FindNextChangeNotification ディレクトリの監視継続

Cの宣言:

BOOL FindNextChangeNotification(HANDLE hNotify)

VBの宣言:

Declare Function FindNextChangeNotification Lib "kernel32" (ByVal hNotify As Long) As Long

説明:

監視の状態が待機関数実行後シグナル状態であるとき、再び監視を開始する。

引数の意味は、以下の通り。
hNotify 再び監視を開始する変更通知オブジェクトのハンドル。

戻り値は、関数の実行が成功したか否かを表す真偽値である。

Cのサンプル:

/* 指定されたディレクトリツリーのファイル名/ディレクトリ名の変更や、作成・削除を検出する(3回まで) */
void DoFindChangeNotification(char *path)
{
	HANDLE hNotify;
	int i;
	
	for(i=0; i<3; i++) {
		if(i==0) {
			hNotify = FindFirstChangeNotification(
				path,
				TRUE, 
				FILE_NOTIFY_CHANGE_FILE_NAME | FILE_NOTIFY_CHANGE_DIR_NAME
			);
		} else {
			FindNextChangeNotification(hNotify);
			printf("Next%d\n", a);
		}

		WaitForSingleObject(hNotify, INFINITE);
		printf("作成/削除/名前の変更がされた\n");
	}

	FindCloseChangeNotification(hNotify);
}
(original text:1998/12/25 更新)

本ドキュメントの内容は保証しません。本ドキュメントによって生じた結果について、一切の責任を負いません。