Chord 弓形の図形の描画

VBの宣言:

Declare Function Chord Lib "gdi32" ( _
    ByVal hDC As Long, _
    ByVal Left As Long, _
    ByVal Top As Long, _
    ByVal Right As Long, _
    ByVal Bottom As Long, _
    ByVal XRadial1 As Long, _
    ByVal YRadial1 As Long, _
    ByVal XRadial2 As Long, _
    ByVal YRadial2 As Long) As Long

説明:

円周の一部を切り取り、切り取った部分を直線で結んだ形の図形を描画する。図形内部は塗りつぶされる。

線は選択されているペンによって描画される。塗りつぶしは選択されているブラシによって行われる。

描画される図形の縁の部分は左上端が(Left, Top)、右下端が(Right, Bottom)の長方形に内接する楕円の一部となる。

内接する円のうち実際に描画されるのは、長方形の中心および(XRadial1, YRadial1)を通る直線と、内接する円の交点を始点とし、長方形の中心および(XRadial2, YRadial2)を通る直線を終点とする部分円である。始点と終点が一致する場合、円全体が描画される。

引数の意味は以下の通り。
hDC 描画先を指定するデバイスコンテキストのハンドル。
Left 長方形の左端の座標。
Right 長方形の右端の座標。
Top 長方形の上端の座標。
Bottom 長方形の下端の座標。
XRadial1 円の描画開始点を指定する座標のX成分。
YRadial1 円の描画開始点を指定する座標のY成分。
XRadial2 円の描画終了点を指定する座標のX成分。
YRadial2 円の描画終了点を指定する座標のY成分。

戻り値は、関数の実行結果を表す真偽値である。

VBのサンプル:

上部1/4が切り取られた円を描画する。
Private Sub Command1_Click()

    Chord Picture1.hDC, 0, 0, 200, 200, 0, 0, 200, 0

End Sub

(original text:1999/09/05 更新)

本ドキュメントの内容は保証しません。本ドキュメントによって生じた結果について、一切の責任を負いません。