AngleArc 円弧の描画

VBの宣言:

Declare Function AngleArc Lib "gdi32" ( _
    ByVal hDC As Long, _
    ByVal X As Long, _
    ByVal Y As Long, _
    ByVal Radius As Long, _
    ByVal StartAngle As Single, _
    ByVal SweepAngle As Single) As Long

説明:

円弧を描画する。

本関数はNTで使用可能。

本関数は、hDCで指定されたデバイスコンテキストの現在位置から(X, Y)で指定される座標まで直線を描画し、また、半径Radius、始点の角度StartAngle、描画範囲の角度SweepAngleで指定される孤を描画する。描画後は、孤の終点が現在位置となる。

StartAngle及びSweepAngleは度数で指定する。

引数の意味は以下の通り。
hDC 描画先のデバイスコンテキストのハンドル。
X 描画する円孤の中心点の水平座標
Y 描画する円弧の中心点の垂直座標
Radius 円弧の半径
StartAngle 円弧を描画する開始点を指定する開始角度。
SweepAngle 円弧を描画する範囲を指定する角度。

戻り値は、関数の実行に成功したか否かを表す真偽値である。

VBのサンプル:

右上1/4が欠けた円弧をピクチャボックスに描画する。
'宣言の一部
Declare Function MoveToEx Lib "gdi32" ( _
    ByVal hDC As Long, _
    ByVal X As Long, _
    ByVal Y As Long, _
    ByVal pLastPoint As Long) As Long

'円弧の描画
Private Sub Command1_Click()
    MoveToEx Picture1.hDC, 100, 100, 0
    AngleArc Picture1.hDC, 100, 100, 50, 90, 270
    LineTo Picture1.hDC, 100, 100
End Sub

(original text:1999/02/23 更新)

本ドキュメントの内容は保証しません。本ドキュメントによって生じた結果について、一切の責任を負いません。